安心して楽しめる富士山|バスツアーで楽々登山

ウーマン

この夏は日本一の山に挑戦

車内

登山での注意点

霊峰富士とも呼ばれ、周囲の山々とは独立した姿が美しいのが富士山です。江戸時代には伊勢参りなどと共に、富士山を詣でる富士参りは庶民の夢であったといいます。現在ではマイカーやバスツアーで多くの行楽客が訪れる人気スポットですが、富士山の人気のレジャーと言えば夏の富士登山が挙げられます。毎年7月1日には地元の浅間神社で厳かに山開きの儀式が執り行われ、8月末まで本格的な登山シーズンに入ります。富士登山の登山口は4つあり、それぞれに山頂までのルートが付けられています。代表的なルートは河口湖・吉田口ルートで5合目には大きな駐車場が完備されています。マイカーやバスツアーではこの5合目に車を止めて、ここから頂上を目指して登山道を登って行くことになります。5合目から頂上までの距離は約5キロ、所要時間は約6時間が目安となっています。頂上までの間にはこのルートだけでも山小屋が20軒以上開設されており、ご来光を見るなら途中の山小屋で仮眠を取り、体を休めるのが安全登山の鉄則といえます。「弾丸登山」と形容される仮眠なしの登山は体調を崩しやすく、高度順化が上手くいかず、登山病に罹る危険性があるので避けるべきです。

効率良いアプローチの方法

富士山では登山口のある5合目まで車で容易に行けるため、季節によっては渋滞が発生します。そのため近年では夏の期間はマイカー規制が強化され、タクシーやバス、自転車、許可車両以外の車は通行が禁止されています。マイカー利用の登山者は麓にある駐車場に車を止め、そこからシャトルバスに乗り換えて5合目までアクセスすることになります。2段階アクセスのため、乗り換えや待ち時間など無駄な時間が出来易く、また、駐車場とシャトルバスの料金なども必要となってきます。富士山登山の費用を安く抑え、効率良くアプローチしたいのなら、富士山登山に特化したバスツアーを利用するというのも一つの方法です。山頂を目指す富士山登山のバスツアーの旅程は1泊2日が多く、途中で山小屋で仮眠を取る時間が設けられています。登山初心者でも安心して登山に専念出来るガイド付きのバスツアーや、バーベキューや温泉付きのプランもあり、登山以外の楽しみも出てきます。また、登山で疲れた身体で帰りの車を運転しなくてよい、というのもバスツアーの大きな利点といえます。